2013 年 10 月 のアーカイブ

ピエスモンテ研究ゼミ★秋をテーマに・・・

2013 年 10 月 31 日 木曜日

製菓本科2年生のゼミ紹介part :01: :04:  

ピエスモンテ研究ゼミでは、
テーマを考えて、工芸作品(アメ細工)を制作しています

現在取り組んでいるテーマ

:flair: ランプ :flair: の下でアメを練り・・・アメを絞って紅葉を描き・・・

アルコールランプ :flair: と空気のスプレーを使い、
お花 :tulip: を組み立てます :notes:

どの様な作品が完成するのか、楽しみですネ

好き興味研究に取り組む
それが、神戸製菓の「製菓研究ゼミ

製菓研究ゼミ視野専門知識技術める! 製菓本科(昼2年制)はコチラ⇒

2013内定者日記10~たねやグループ(クラブハリエ)に内定~

2013 年 10 月 27 日 日曜日

たねやグループ(クラブハリエ)に内定

小豆澤 静さん 製菓本科2年
大阪市立咲くやこの花高等学校 出身

Q内定先を希望した理由は?
商品の種類、外装、内装、サービスなど・・・すべてに感動したからです
各店舗にお伺いさせていただく度に、新しい発見があったからです

Q.就職活動はいかがでしたか?
先生方は、私の就職活動に、親身になって相談にのって下さいました :shine:
何度も模擬面接をしていただき、内定が決まった時は、一緒になって喜んで下さいました

Q.神戸製菓の好きなところは!?
先生方はとても優しく、気軽に相談にも乗って下さるので、毎日がとても楽しいです
授業以外のことにも相談にのってくれます
有名なパティシェの方の授業があったり、授業もとても役に立つことが多いので、
神戸製菓に入学してよかったと思います

Q.将来の夢は?
一つ一つの仕事を丁寧に行い、周りの方から信頼されるスタッフになりたい
そして、マジパンやアメ細工の大会に挑戦したい
たくさんの方にファンになっていただけるよう、
接客から製造まで、一生懸命頑張っていきたいと思っております

小豆澤さん、おめでとうございます
念願のお店に就職・・・本当によく、頑張りました~~ :shine: :shine:

製パン本科★ホテルオークラ神戸 斉藤シェフの特別授業!!

2013 年 10 月 25 日 金曜日

日の製パン本科の製パン実習は・・・
ホテルオークラ神戸 斉藤秀喜シェフ特別授業

メニューは「スイートロール4種&イギリスパン:pan:
スイートロールシナモンロールバターロール
ツイストパンあみこみパン:04: 種類を作りました

技術だけでなく、多くの“ため”になるお話をしていただきました

ホテルオークラ神戸では、昔から楽しみにしておられるお客様のために、
伝統的な製法を守り続けておられるそうです :shine:

伝統的なホテルパン :pan: の製法やお客様への思いをお伺いし、
学生たちも胸が熱くなったようでした

斉藤シェフのような、お客様を大切にする
ステキ :shine:ブーランジェ :pan: になれるよう、
学生一同頑張っていきます

斉藤シェフ、お忙しい中本当にありがとうございました

製パン本科(昼1年制)についてはコチラ :pan:
2014年4月入学をご検討の方はオープンキャンパスをチェック

企画開発ゼミ☆で商品化!

2013 年 10 月 24 日 木曜日

製菓本科2年「企画開発ゼミ」山村佳奈です

9月21日(土)に行われた「第1回ゼミ祭」で、私たちの企画開発ゼミでは、
みそしょう油ゴマ油を使った焼き菓子を提案しました

 

種類の中から、「1番おいしかった商品は?」
アンケートをとって、位に選ばれたのが・・・

 

「みそシューラスク」

 

 

「この商品をぜひ販売してほしい」とのお客様からのお声をいただいたので、
商品化できないか~~~と考え、
」のスタッフの方に相談しました

「商品化してみましょうと言っていただき、
私たちが考えたレシピで、「」で
商品を販売することになりました

メニュー、商品の包装、ポップなど・・・
全てにこだわったので、それが商品になり、
お客様に提供できる、と思うと、とても感動です

12月1日までの期間限定商品ですので、
」にお越しください

2013内定者日記9~株式会社ユーハイムに内定~

2013 年 10 月 23 日 水曜日

株式会社ユーハイムに内定

岩﨑 里沙さん 製菓本科2年
香川県立小豆島高等学校 出身

Q内定先を希望した理由は?
小学生の頃、ユーハイムのバウムクーヘンを食べて、とても感動しました
神戸製菓に入学してから、ユーハイムのバウムクーヘンやケーキを食べた時、昔食べたとき以上に、おいしさに感動し、私も多くのお客様の心に刻まれるお菓子を作るパティシエになりたいと思い、志望しました

Q.就職活動で頑張ったことは?
就職活動で大切なことは、日頃の生活だと思います。
私は今まで100軒以上 :diamond: のお菓子屋さんを巡り、そのお店の雰囲気やお菓子の特長を調べて自分なりにまとめてきました
授業のレシピノートと共に面接でこのことをアピールしました
また、面接試験でどんなことを聞かれてもしっかり答えられるように、練習しました

Q.将来の夢は?どんなパティシエになりたいですか?
お客様、周りのスタッフに信頼してもらえるパティシエになりたいと思っています

Q.残りの学生生活の豊富を!
これからもお菓子屋さんを巡ったり、いろんな本を読んだりして自分を高めていきたいと考えています最後の学生生活なので悔いのないように過ごしたいです

岩﨑さんのお菓子屋さんノートレシピノートを見せてもらいました

コチラ↓

:shine: お菓子屋さんノート :shine:


このノートには、ケーキの味や値段、お店の雰囲気など・・・細かく書かれています

 

:shine: レシピノート :shine:

 

日頃の努力の成果ですね
岩﨑さんおめでとうございました

パンの街☆神戸 「KOBE パンのまち散歩」

2013 年 10 月 19 日 土曜日

お菓子パンの街・本場では、
「洋菓子フェスタ」「KOBE×パン×TALK」など、
神戸ならではのイベントがたくさん開催されています

パンのイベントKOBE パンのまち散歩が、
神戸市中央区で、11月1日(金)から30日(土)の1ヶ月間、 開催されます
神戸のパンの魅力を全国に発信し、活力と魅力に満ちた街の創造が目的とされています

特典が受けられるマップや、
「KOBE パンのまち散歩」用にラッピングしたシティー・ループバスの運行、
パンの食べ歩きイベント「神戸 PANPO」など・・・
様々なパン関連のイベントが繰り広げられます

神戸製菓の直営店舗のも協賛しております

興味のある方は神戸市中央区のHPをチェックしてみてください

「神戸に来たので、神戸製菓のオープンキャンパスにも参加してみたい」という方は、
ゼヒ神戸製菓にもお立ち寄りくださいネ

オープンキャンパスの日程・メニューはコチラ

企画開発ゼミ★モンブランの研究

2013 年 10 月 17 日 木曜日

製菓本科 :02: 年生のゼミ紹介part :01: :03:  

企画開発ゼミでは、のスイーツ・「モンブラン」を究中

各自が考えたレシピを試作
:03: 種類のモンブランを作りました

&検
どのレシピが一番おいしいか・・・

今まで口にしたことのないおいしい、おいしいモンブラン完成しますよ

製菓本科(昼間部2年制)について詳しくはこちら

社会人入学の方に聞きました!クラスはどんな雰囲気ですか?【製パン本科編】

2013 年 10 月 12 日 土曜日

製菓衛生師科編に引き続き・・・
製パン本科の学生たちにも、突撃インタビュー :sign02:
快くインタビューを受けてくれたのは、この2人 :scissors:

左が前田豊さん、右が河内貴志さん。

前田さんは入学時23歳、前職はファーストフード店の店長 :wobbly:
前から本当にやりたかったパン作りを勉強する為、退職し、即、入学。
河内さんは入学時20歳、前職は配達の仕事
配達先のパン屋さんで頂いたパンのおいしさに感動し、この道を目指すことを決意したそうです :coldsweats:

前田さんも入学前は高校卒業したばかりの若い人達と仲良く出来るか、とても不安だったとのこと。
でも今ではすっかり溶け込んでいます。

★ 高校を卒業したばかりのクラスメイトと仲良くするコツは?

前田さん
「私は接客業をしていたので、自分から積極的に話しかけました。先ずは全員の名前と顔を一致させる為に“クラスのみんなで集合写真を撮ろう”と提案し、その写真を見ながら、クラス全員の名前と顔を頭に叩き込みました。その後は名前で呼んで、積極的に話しかけている内に、みんなが“前田さんは話しやすい”と慕ってくれるようになりました。」

河内さん
「僕は、もともと年齢もそんなに変わりませんし、知らない間に溶け込んでいました。」

前田さん
「河内君はそんな感じやなぁ~。」

前田さん、河内さん、ご協力ありがとうございました!

結果:年齢や経験に関わらず、同じ夢を追いかけている同士は強いキズナで結ばれるので、オーライということですネ :happy:

*バックナンバー:社会人入学の方に聞きました!クラスはどんな雰囲気ですか?
【製菓衛生師科編】はこちら

製菓衛生師科★今が旬の栗を使って・・・

2013 年 10 月 11 日 金曜日

今日の製菓衛生師科(昼間部1年制)の実習は和菓子

メニューは「栗きんとん & 焼き松葉」★
栗きんとん(右の写真左上・右)は今が旬の和菓子
和菓子屋さんの店頭でも並んでいます
材料の「」は、兵庫県・丹波篠山の「銀寄」という品種のものです
写真左上の栗きんとんは「しぼり」で成形したもの

写真右の栗きんとんは栗の形に成形して、ようかん(茶色部分)でコーティング
どちらも成形するのは難しいのですが、コツを先生から教わりました :shine:

写真左下の焼き松葉は、「和風クッキー」の感じです
見た目とサクサクの食感がポイント菓子です
表面には、けしの実・・そして・・仕上げには、シロップを塗っています

先生が作った焼き松葉をみんなで試食
幸せいっぱいのステキな笑顔 :happy: があふれていました

製菓衛生師科について詳しくはこちら

【製菓衛生師科(昼1年制)】洋菓子実習“ティラミス”&“シュガーハウス”♪

2013 年 10 月 8 日 火曜日

いよいよ 月がスタートしましたネ :notes:
味覚食欲スポーツの秋がどんどん深まってきています

神戸製菓では、ケーキに和菓子にパンが・・・溢れています♪
そんな授業の様子を

製菓衛生師科の洋菓子実習では
ティラミスの実習中

ティラミスは“ホール”1台と、カップに入ったものとで作りました

カップの方は、絞り袋でひとつひとつ丁寧に分けていきます!


最後に、ココアパウダーを振って・・・
大人の味のデザートです!

シュガーハウスは1人1台、パスティヤージュ(砂糖・ゼラチンなどで作られる生地)
のパーツを組み立てて・・・
グラスロワイヤルでオリジナル飾り!

さんもマジパン(お砂糖・アーモンドなど)でできています♪
ワァ~・・カワイイお菓子のお家が完成しました~~!

定番デザートも、見て楽しむお菓子も・・・
いろんなお菓子を学べるのが、神戸製菓のいいトコロ

製菓衛生師科について詳しく知りたい方はこちら⇒

社会人入学の方に聞きました!クラスはどんな雰囲気ですか?【製菓衛生師科編】

2013 年 10 月 4 日 金曜日

「人生の再スタートとして、専門学校に通って手に職をつけたい!」
「…でも今更、10代の若い人達と一緒のクラスで馴染めるだろうか・・・」

こんな風に悩んで、新しい一歩を踏み出せない、というお話をよく聞きます。
そこで社会人入学の学生に聞いてみよう!ということで、
授業終了後の学生にインタビュー :sign02:

突然でしたが、笑顔で応えてくれたのは、この3人 :wink:

左から今年、製菓衛生師科に入学の濱本里沙さん鎌倉義幸さん川崎陽介さん
鎌倉さんと川崎さんは共に社会人経験者で、現在、鎌倉さんは35歳、川崎さんは25歳
濱本さんは鳥取県立鳥取商業高等学校を卒業後、新卒で入学。いわゆる“10代の若い人”代表です!

★まず社会人経験者から見てクラスの雰囲気ってどんな感じですか?

川崎さん「みんな自然に接してくれていて、僕は最初、18歳に思われていたみたいです。
     実際の年齢を言ったら驚かれました。それでも変わらず接してくれますよ。
     意外とみんな気にしていないんだなぁ、と思いました。」

鎌倉さん「僕はさすがに年上だと気付かれていたみたいです。
     だからかどうかはわかりませんが、みんなからは“ドン”って呼ばれています。
     そんな偉そうにしてるつもりはないんですけど。」

川崎さん「鎌倉さんの落ち着いた雰囲気が、みんなにそう呼ばせているんですよ。」

鎌倉さん「それならいいけど・・・」

★それでは反対に“若い人”から見て、社会人経験者がいるクラスってどんな感じですか?

濱本さん「話し合いの時は、大人の意見を出してくれるので、とても参考になります。
     いろいろな世代の人達と過ごせる学生生活は、とても充実しています
     全員同じ年齢では味わえない・・・感じです。とても勉強になります。」

鎌倉さん&川崎さん「いいこと言うねぇ~~~ :sign02:

鎌倉さん、川崎さん、濱本さん、ありがとうございました :happy:

お菓子専科(夜1年制)の店舗実習!

2013 年 10 月 1 日 火曜日

神戸製菓の製菓本科2年生お菓子専科では、
本校の1階の直営店舗店舗実習を行っています

製造、接客、ディスプレイ、ラッピング・・・etc
パティシエに必要な製造、販売、接客などを実践で身につけます

写真はお菓子専科(夜1年制)の学生たちが店舗実習をしている様子
リアルに現場を体験し、実践力を養います

頑張れ!未来のパティシエたち